nanto-e.com archive

シアワセの素

我が家の出来事や日々思うことなどを書き留めます。
「ちょっと嬉しい」「ちょっと一工夫」「ちょっと一言」「ちょっと感動」
小さな気づきは「シアワセの素」。富山県南砺市情報も発信中。

売られていった靴 あし

2008年09月01日
今日の「ラジオ図書館」では
新美南吉(にいみなんきち)の作品を二つご紹介します。
「売られていった靴」と「あし」です。

新美南吉は、
童話の「ごん狐」がよく知られています。
小学生の教科書で読んだという方もいらっしゃるでしょう。
あの物悲しくも美しい作品は
日本を代表する童話の一つです。

新美南吉は、現在の愛知県半田市で大正2年に生まれました。
半田市といえば南砺市の姉妹都市ですね。

      新美南吉記念館               
      南砺市交流協会国内交流

以下「売られていった靴」より抜粋
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

 靴屋のこぞう、兵助が、はじめていっそくの靴をつくりました。
 するとひとりの旅人がやってきて、その靴を買いました。
 兵助は、じぶんのつくった靴がはじめて売れたので、うれしくてうれしくてたまりません。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*




*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

「ラジオ図書館」(FMとなみ 76.9MHz)は
週に3回、朝6時台に放送しています。

この番組では
名作や地元の方の作品などをご紹介していますが
それに関する情報はこのブログでもとりあげています。

お聴きいただけたら嬉しく思います。

放送時間は、
   火曜日 朝 6:15〜6:30 
   木曜日 朝 6:45〜7:00 
   金曜日 朝 6:00〜6:15


TST(ルック32)の副音声でもお聴きいただけます。

ケーブルテレビのチャンネルを32に合わせて
リモコンの音声を副音声にしてみてください。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

久々の噂シリーズ「あのっさん、アナウンサーけ」

2008年09月01日
久々の「噂シリーズ」です。

「あのっさん、アナウンサーけ?」

 → 「あの人は、アナウンサーなんですか?」
    ※「け」は富山弁の代表格、これ一つで疑問を表現します♪


アナウンサーって、お話が上手な方をさしていると思うので、
こう聞かれると実は自信がないのです。
おしゃべりは得意ではありません。
人前で話すことも元来とても苦手で、
子供の頃は、そういう機会があったあとには
保健室のお世話になっておりました。

ならばいったい何なのか。
先週の北日本新聞別刷り
「ウイークリー・エンターテイメント」の
「キャスター あの話」に掲載されましたものを
ここで紹介させていだくことにします。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

 エフエムとなみの朗読番組「ラジオ図書館」で文豪の名作などを紹介しています。私は俳優や声優、声楽家などに指導を受けた話し手なので、肩書きを問われればナレーターと答えています。え? アナウンサーとナレーターの違いですか? そうですねえ、アナウンサーは「事実を的確に伝達する」ことに重きをおいており、ナレーターは「感情などの表現」を重視している、でしょうか。
 私も「表現者」としてCMや番組で、動物や妖怪、威勢のいい青年、セクシーな女スパイ等、様々な役を担ってきました。そんな事から、本の読み聞かせや音訳ボランティアの皆さんの研修会にお邪魔することがありますが、本当に熱心な方が多いです。その理由は社会貢献としての責任感はもちろんですが、一番は「声に出して表現する事は楽しい!」からかもしれません。
 とりわけナレーター的読み方を心がけると喜怒哀楽の感情を十二分に開放し発散できるので、心身の健康に役立つこと間違いありません。それに声を出して読む事は脳を活性化し老化防止にも良く、暗記にも効果的だといわれています。この秋から何か始めてみたい方、お奨めですよ。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

でもね、アナウンサーとナレーターの違いってわかりにくいので
生業としては
「来るもの拒まず」で対応できるように
努力はしてきたと思います。

だからコラムに「あがり克服」について書いたのは、
自分の経験なわけなんです。

   山辺千賀子のコラムはこちら → シアワセ365

あ、こちらもサボってます。
すみません。
なんとか頑張りますっ!!

「秋草と虫の音」 秋の夜の酒はしづかに・・・

2008年09月08日
今週の「ラジオ図書館」は
若山牧水の「秋草と虫の音」です。

そこで歌人、若山牧水のことを調べてみましたら、
一日一升もの酒を呑んでいたといわれているんですね。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

若山牧水は、夏の暑い盛りに亡くなったにも関わらず、
死体からしばらくは腐臭がしなかったといわれ
「生きたままアルコール漬けになったのでは」
というエピソードがあるそうです。

また「白玉の歯にしみとほる」とあるのは
「歯にしみたのは虫歯だったからではないか」という解釈も。

そういうエピソードを知って作品を読み直すのも
また思い白いものです。


「秋草と虫の音」の冒頭
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

秋草の花のうち、最も早く咲くは何であらう。萩、桔梗、などであらうか。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

この後は、撫子、女郎花(おみなえし)、曼珠沙華、蝦夷菊、
松虫草、竜胆(りんどう)などが続きます。

歌人の感性がとらえた秋の描写が美しいです。

以下「秋草と虫の音」から抜粋
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

おなじく山国の花に、竜胆がある。
春竜胆もあるが、秋がほんたうの竜胆らしくていゝ。
これは秋も末、冬のはじめの日向などに落葉に茎を埋められて咲いてゐるのが、ほんたうにいい
濃紫にいくらか藍のまじつたといふ様な深い色、
それはどうしても落葉の早い山国でなくては見られない。

つづらをりはるけき山路登るとて路に見てゆく竜胆の花
散れる葉のもみぢの色はまだ褪せず埋めてぞをる竜胆の花を
さびしさよ落葉がくれに咲きてをる深山竜胆の濃むらさきの花
摘みとりて見ればいよいよむらさきの色の澄みたるりんだうの花
越ゆる人まれにしあれば石出でて荒き山路のりんだうの花
笹原の笹の葉かげに咲き出でて色あはつけきりんだうの花


*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*




*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

「ラジオ図書館」(FMとなみ 76.9MHz)は
週に3回、朝6時台に放送しています。

この番組では
名作や地元の方の作品などをご紹介していますが
それに関する情報はこのブログでもとりあげています。

お聴きいただけたら嬉しく思います。

放送時間は、
   火曜日 朝 6:15〜6:30 
   木曜日 朝 6:45〜7:00 
   金曜日 朝 6:00〜6:15


TST(ルック32)の副音声でもお聴きいただけます。

ケーブルテレビのチャンネルを32に合わせて
リモコンの音声を副音声にしてみてください。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':



「吾輩は猫である」のモデルは?

2008年09月15日
今週のラジオ図書館は
夏目漱石の「吾輩は猫である」からご紹介します。

夏目漱石はこの作品を書いたことで
英文学者から小説家となりました。

処女作となるこの作品は、
高浜虚子から頼まれて1回の読みきりのつもりで
俳句雑誌『ホトトギス』に書いたそうです


以下「吾輩は猫である」から抜粋
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

元来この主人は何といって人に勝れて出来る事もないが、何にでもよく手を出したがる。俳句をやってほととぎすへ投書をしたり、新体詩を明星へ出したり、間違いだらけの英文をかいたり、時によると弓に凝ったり、謡を習ったり、またあるときはヴァイオリンなどをブーブー鳴らしたりするが、気の毒な事には、どれもこれも物になっておらん。その癖やり出すと胃弱の癖にいやに熱心だ。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

物語の中の主人も「俳句をやってほととぎすへ投書」しています。

また実際に夏目漱石は野良猫を飼っていたことがあり、その猫にも名前がなかったんだそうです。



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

「ラジオ図書館」(FMとなみ 76.9MHz)は
週に3回、朝6時台に放送しています。

この番組では
名作や地元の方の作品などをご紹介していますが
それに関する情報はこのブログでもとりあげています。

お聴きいただけたら嬉しく思います。

放送時間は、
   火曜日 朝 6:15〜6:30 
   木曜日 朝 6:45〜7:00 
   金曜日 朝 6:00〜6:15


TST(ルック32)の副音声でもお聴きいただけます。

ケーブルテレビのチャンネルを32に合わせて
リモコンの音声を副音声にしてみてください。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':


「待つ」私は誰を待っているのか

2008年09月22日
教科書に掲載されるほどに道徳的ともいえる「走れメロス」、
青春のはしかと揶揄される代表作「人間失格」、
どの作品を読んだかで、
太宰治のイメージは大きく変わってしまうように思います。

太宰はこんな言葉も残しています。

「君のような天才にはわかるまいが『自分の生きていることが、人に迷惑をかける。僕は余計者だ』という意識ほどつらい思いは世の中に無い。」

ウツ傾向になったことがある方は、おそらくこの苦しみに共感されるのではないでしょうか。

「ナイフを持つ前に太宰を読め」という言葉もきいたことがあります。


今年は太宰没後60年、来年は生誕100年の年です。

秋の夜長、もう一度手にとって読んでみてはいかがでしょう。

今週の「ラジオ図書館」は
女性の一人称で書かれた太宰の作品「待つ」です。

「待つ」から抜粋
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

いったい私は、毎日ここに坐って、誰を待っているのでしょう。どんな人を? いいえ、私の待っているものは、人間でないかも知れない。私は、人間をきらいです。いいえ、こわいのです。人と顔を合せて、お変りありませんか、寒くなりました、などと言いたくもない挨拶を、いい加減に言っていると、なんだか、自分ほどの嘘つきが世界中にいないような苦しい気持になって、死にたくなります。そうしてまた、相手の人も、むやみに私を警戒して、当らずさわらずのお世辞やら、もったいぶった嘘の感想などを述べて、私はそれを聞いて、相手の人のけちな用心深さが悲しく、いよいよ世の中がいやでいやでたまらなくなります。
世の中の人というものは、お互い、こわばった挨拶をして、用心して、そうしてお互いに疲れて、一生を送るものなのでしょうか。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

「ラジオ図書館」(FMとなみ 76.9MHz)は
週に3回、朝6時台に放送しています。

この番組では
名作や地元の方の作品などをご紹介していますが
それに関する情報はこのブログでもとりあげています。

お聴きいただけたら嬉しく思います。

放送時間は、
   火曜日 朝 6:15〜6:30 
   木曜日 朝 6:45〜7:00 
   金曜日 朝 6:00〜6:15


TST(ルック32)の副音声でもお聴きいただけます。

ケーブルテレビのチャンネルを32に合わせて
リモコンの音声を副音声にしてみてください。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':


「銀河鉄道の夜」宮沢賢治

2008年09月29日
「ラジオ図書館」は今週でおしまいです。

最後にとりあげる作品は
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の「一 午後の授業」です。

この「銀河鉄道の夜」の登場人物、
主人公のジョバンニと、その友人のカンパネルラにはモデルがあったと言われています。
それは宮沢賢治自身と妹のとし子(とし)です。
愛する妹を失ったことがこの作品を生み出すきっかけとなりました。

以下「銀河鉄道の夜」から抜粋
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

それをカムパネルラが忘れるはずもなかったのに、すぐに返事をしなかったのは、このごろぼくが、朝にも午後にも仕事がつらく、学校に出てももうみんなともはきはき遊ばず、カムパネルラともあんまり物を言わないようになったので、カムパネルラがそれを知ってきのどくがってわざと返事をしなかったのだ、そう考えるとたまらないほど、じぶんもカムパネルラもあわれなような気がするのでした。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

生前の宮沢賢治を知る人は「冗談をよく言う実に明るい人でした」と言っています。
意外に思う方もいらっしゃるのでは?


さて来週からは新しい番組が始まります。
どうぞそちらも引き続きお聴きくださいますよう。



*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':

「ラジオ図書館」(FMとなみ 76.9MHz)は
週に3回、朝6時台に放送しています。

この番組では
名作や地元の方の作品などをご紹介していますが
それに関する情報はこのブログでもとりあげています。


放送時間は、
   火曜日 朝 6:15〜6:30 
   木曜日 朝 6:45〜7:00 
   金曜日 朝 6:00〜6:15


TST(ルック32)の副音声でもお聴きいただけます。

ケーブルテレビのチャンネルを32に合わせて
リモコンの音声を副音声にしてみてください。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':


作者 : chikako(山辺千賀子)

主たる業務は主婦業。        ときおり人材育成コンサルタントや産業カウンセラーとして活動。これまでに番組やCMのつくり手だったことも出演する側にいたことも。。。      富山市生まれの南砺市民。

2010 年
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2009 年
9
11
2008 年
2007 年
2
3
2006 年
1
2
3
4

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。