nanto-e.com archive

シアワセの素

我が家の出来事や日々思うことなどを書き留めます。
「ちょっと嬉しい」「ちょっと一工夫」「ちょっと一言」「ちょっと感動」
小さな気づきは「シアワセの素」。富山県南砺市情報も発信中。

葛飾北斎 本物 至近距離

2007年11月01日
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の本物を
至近距離で鑑賞してきました。

             ↑ これはハガキ。

際立った画技と構図。
波音が聞こえてきそうなしぶきの、
遠い向こうに富士ですもんね。

本物は200年近くの時を経たとは思えない美しい色です。
そのくらい間近で鑑賞することができました。

もうお出掛けになった方もいらっしゃると思いますが
4日まで富山県水墨美術館で開催されている
東京富士美術館 珠玉の日本美術名宝展」です。
  ↑ クリックすると主な作品が見られます。

以前、小布施は岩松寺の天井に描かれた「八方にらみの鳳凰」に圧倒されたのを思い起こしましたが
どちらも教科書などの掲載写真で観るのとは大違い。
足を運んだかいがありました。

他にも鈴木其一(すずききいつ)の「風神雷神」があるのですがこちらは滅多に鑑賞できない作品だそう。

墨の濃淡で雲が描かれているの。
東京富士美術館 珠玉の日本美術名宝展
  ↑ クリックした左側。

私達がよく知っている「風神雷神」といえば
金屏風に色鮮やかに描かれているもの、ですよね。

こちらは色が抑えられているせいなのか、
異色の迫力がありました。

土曜は菊祭会場近くにおります

2007年11月02日
11月3日土曜。
献血コーナーにお手伝いに行っております。

遠くからでも目立つ大きさ、
安心感があると評されるふくよかな女性をみかけたら
ワタシ♪


近視の老眼なので、遠くから手を振ってもわからないから
是非近くにお越しいただいて




あなたのその優しいお人柄そのままで







はい、献血をお願いします。



特典は「幸」ビームでしょうかね。

嬉しくて二度目の登場。


菊祭会場の斜め向い、
アミューの駐車場の端っこにコーナーがあります。
私の担当は午前です。

あー楽しかった

2007年11月03日
まさに小春日和。
お知らせしていた献血には
多くの皆様にご協力いただきありがとうございます。

歯医者に行きたての(エグゼクティブ)さんや、
先週、中国に行ってきたばかりの( 熱血先生 )さんや
最近、お疲れ気味の(献血記録100を目指してた)さんは
せっかく足を運んでいただいたのに「不適」ということで、お気持ちだけいただきました。

へー、歯医者もダメだったんだ。私も知らなかった。
ちゃんと献血カードをもって、献血を目的に立ち寄ってくださる方が多かったのも意外でした。
ついでじゃないの、わざわざ来てくださるの。
ありがとうございます。

その後は、南砺市のあっちこっちのイベントに駆け足ながらお邪魔してまいりました。

もちろん美しい歌声も、ハンドベルの音色も聞きました。
力作揃いの書や絵画、写真も見てまいりました。
福光でもすばらしい菊を鑑賞しました。

心残りは、モリヤンさんのコンサートに行けなかったこと。

またチャンスがあったらお知らせくださーい。

あー満腹、満腹。
(なぜかどこに行っても食と共にある私たち。
利賀の岩魚も、ごちそーさま♪)

上級者向け

2007年11月04日
なんたって上級者向けですから。
修行を積んだ方で無いと扱えません。


これは大ヒント。何の話題だかわかりましたか?


打つほうは道場での修行が必要ですが
いただくほうは初心者でもお気軽にドージョー♪



ということで
この時期だけの「新蕎麦」の食べ比べをさせていただきました。



あー、すっごい贅沢
新蕎麦を5種類、食べ比べ。


全く味わいの異なる蕎麦でした。

色白美人はその名も「白樺」
素朴な味わい「越前」

美しい緑の蕎麦。
この時期の新蕎麦だけが持つ翡翠のような美しさは、
のど越しも最高の「蓼科」あれ「水仙」だったけな。

そしてもっちりとした食感のお蕎麦も初めていただきました。
名前は、ええっと「くろべえ?」

あーいいかげーん。
どの写真がどの蕎麦なのか
なんせカメラマンが私、
ちゃんと区別して撮影したはずが
今となってはちっともわからない。

陳謝  m(_ _)m ペコッ

真相が知りたくなった方は、
こちらの殿方にお尋ね下さい。
そりゃあもう、すっごく親切な方ばかりです♪ 


ね、パインさん♪

嫌いなタチじゃないもんですから

2007年11月05日
週末はですねえ、
だいたい南砺市内のイベントに出かけます。
だって楽しいんだもん。

はっきり言って、
県内でこんなにイベント盛りだくさんのところ、無いです。
も全国でもトップクラスだろうと申しております。

皆さーん、週末は南砺においで〜!
なんのせ、なんかやっとるよ。

美味しいものいっぱいだよ〜!


私達夫婦は、先週末だけで
黒豆おこわ、岩魚、赤カブ、豚汁、カレー、菊天ぷら入りうどん、ケーキ、蕎麦はちみつ、漬物・・・・。
はい、それはもうぺろりと。

嫌いなタチじゃないもんですから
美味しいものがあると
ついついそれはもうあっという間に・・・。

先週末はお天気にも恵まれましたしね。

城端、福光、井口、井波、福野・・・・
あっちこっち訪ねてまわった各地の文化祭。
「あ、○○さんのだ」
「お、こっちは□□さん」
と、発見の喜びもありました。

無農薬栽培のコーヒーを絹だし

2007年11月05日
オーガニックカフェがお目見えしました。
無農薬栽培のコーヒー豆を絹出しした
透き通った味わいです。

あっという間に飲み干してあわててシャッターを切りました。


他にも、紅茶は7種。
アプリコットやキャラメル、フランボワーズなど
気になるフレーバーティーも楽しめます。



お抹茶、お菓子つきもひかれます。

場所はねえ、ここ ←クリックしてね
わっかるかなあ。

大雑把に言うと
ブーケ」さんの斜め後ろの方。
カーブを曲がるところにあるから
通り過ぎないようにご注意下さい。

「え? 民家なんですけど・・」
ってところの門を入ると、カフェの入り口が見えます。
まさに隠れ家。
木の香りのするアットホームなお店です。

お問い合わせは

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

「茶房・ゆき」
南砺市梅が島93
TEL&FAX 0763−22−5036

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪


11月3日にオープンしたばかりです。

憧れのつがい

2007年11月06日
今日は大安、今度の日曜も大安。
最近、近しい人の結婚話がいくつか舞い込んで来ました。

驚きや感動のなれそめに聞いている私の方まで嬉しくなって。

わざわざ出会うべくして出会った人生の伴侶。
本当におめでとうございます。

シングルだった時、
取引先にやはりシングルの社長さんがいらして
応接間に通されたときのこと。

壁には立派なつがいのオシドリの絵がかけられていました。

「僕の憧れ。つがい。」
「はい。人智を超える縁で結ばれているという
感じがしますものね。」

お互いの赤い糸は一体どこにつながっているのかと、
しみじみとねぎらい合ったのを思い起こします。


こちらは高価なリモージュボックスではありませんが
私のお気に入り。
掌にすっぽり隠れるほど小さなボックスです。
これもきっと、つがい、です。

心くゆらす秋に

2007年11月07日
高須佳美さんのイベント案内です。

新聞にも掲載されてました。




*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~

『色・織・薫』Yoshimiの世界 〜心くゆらす秋〜


「くゆら織」(特許庁認可)と
その織りからイメージして創薫した
「くゆらGrain8029」の世界を五感で楽しめます。

会期:11月9日〈金)〜30日(金) ※火曜休館入館時間:9:00〜16:00
会場:内山邸


■特別セミナー「心くゆらす 色・織・薫」
日時:11月10日(土) 13:30〜15:00
参加費:3,500円
定員:30名
申し込み先:TEL&FAX 076−451−5772

後援:北日本新聞社 富山県芸術文化協会

*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~

お問い合わせは  ↓↓↓ クリックしてね
色と香りの総合企画 オフィスアルモニ
メールはこちら harmonie@pop17.odn.ne.jp

教えてください。柿のこと。

2007年11月08日
渋柿の塩漬けの方法、どなたかもしご存知でしたら、
教えていただけませんでしょうか。

そういえば去年、市内の方にいただいて
「美味しかった」と書いたのです。
今、作りかたをお尋ねいただいています。

                    あたしゃー、食べるいっぽうで・・・。




もしご存知の方がいらしたらよろしくお願いします。

噂 夫との出会い 続き

2007年11月09日
夫との距離を縮めたきっかけがありました。

  そもそもの、夫との出会いについては こちら

富山県のある会議で出会った私たちは名刺交換をし、
会議も回を重ねる中でちょっとした連絡でメールを送ることがありました。
その際、私はこの一言を書き添えました。

「新聞、拝見しました。」

野球に関心がない人は、毎日、新聞を見ていても
野球選手の名前が目にとまらないように
私もそれまで政治に関心が乏しく、
議員名は目にとまらなかったのだと思います。

それが、その日、見つけたんです、新聞に山辺という名前を。
だから「新聞、拝見しました。」と書き添えました。


私は当時コンサルタント事務所の代表を務めており、
日々、仕事の進捗状況などを
スタッフとミーティングしていました。
その際の雑談に

「そういえば、今、○○会議でご一緒している
先生のお名前、新聞でみかけたわ。」

なんて話をしたら、
スタッフの一人が、戸惑った表情をしました。
普段の私をよく知るそのスタッフは
私ののん気な表情に違和感を感じたのでしょう。

「・・・何か、変? メールにもそう書いて送ったんだけど・・・。」
「えっ! メールで、ですか?」



その日の新聞、
私は夫の名前を政治欄で見かけたのですが、

スタッフは、忌まわしい事故の
その後を取り上げた記事の中で
夫の名前をみつけていたのです。

夫はその日、二つの記事で名前が出ていたのです。

「・・・・・私、新聞、拝見しましたって、
わざわざメールに書き添えて送信しちゃった・・・。」

その一言は、会議の席上でしか接点をもたない相手に対して、
軽々しく踏み込んではならない無神経な言葉となったはず。


そういえば無残な事故のニュースは聞いたことがある・・・。

会議で同席しているあの議員さんが
あのニュースの人だったと、理解した瞬間でした。

何という事をしてしまったんだろう・・・・。

お詫びしたのは言うまでもありませんが
どうお詫びしたらいいのか、
かえって傷口に塩をすり込むようなことにならないかと
本当にしどろもどろとなりました。

でも結果的にそれがお互いの事情を知り
プライベートに話が及ぶきっかけとなったのです。

コラム始めました。

2007年11月10日
コラム始めました。

改めてどうぞよろしくお願いします。


小さなシアワセも、
365日積み重ねていけば
本物の幸福になるんじゃないかと、
そんな願いで書いてみます。

   クリックしてね → シアワセ365



   ↓↓↓ チラ見せ ↓↓↓

勝ち組、負け組み。
言葉の好き嫌いはともかく、
そのどちらに進んでいくかの分岐点は確かにあることを・・・・・

   

朝帰りの夫

2007年11月11日
早朝帰ってきた夫は既におりません。
せっかく用意しておいた朝食も食べずじまい。
よよよよ・・・。




といっても昭和のメロドラマにありがちな設定じゃなくて
単に仕事で朝帰りなんですけどね。

昨夜は東京から戻るのに
バスのチケットがようやくとれて
早朝、富山市役所前に着き、県庁に寄って帰宅。

6時過ぎに戻ってきたけど、
すぐに出かけてしまいました。

よくあるパターンは、研修会や視察、懇親会付き会合などで
宿泊を伴う予定のとき、
結局、翌日早朝から予定があるので、
一人寂しく暗いうちから宿泊先を出発して
戻ってくるケース。
近県の場合は、まずこのパターンかな。

週末は、どうしても予定が重なるので仕方ないとはいえ、
健康のことは心配です。

玉子焼き、あたしが食べちゃおう。

風水の真似事

2007年11月12日
我が家の玄関のドアベルです。

厄除けになるんだって、音の出るものがあると。

ふうん・・・。

クリスマスみたいで嬉しい。

玄関はとにかく明るいのがいいですね。
風が通る玄関が好きです。

風水では
玄関でその家の主が大切にされているかどうかが
わかるそうです。
玄関に履物を出しっぱなしにしておくと
主の顔を踏みつぶしていることになるとか。
誰が一番お父さんを踏んづけているか。








ウチは、本人だな・・・。



夫の靴、しまう場所の整理、してあげようっと。

お手製はむ、プロバンス仕立て

2007年11月15日
時々作り置きしておくのが
とりはむ。

淡いピンク色。
柔らかくしっとりとした食感。
高級ハムも真っ青の出来に我ながら驚きます。

ネットでちょっとしたブームになりましたよね。

鶏の胸肉なんて、お買い得品の代表格でしょ。
それを塩漬けして、やんわりボイルする。
それだけでハムもどき。
カンタンやね〜。

ローズマリーやタイム、ローリエなど
ハーブたっぷりに仕込んでおいたので
一応プロバンス仕立て。

漆(うるし)は何色

2007年11月17日
今、富山市の内山邸で、
瀬尾 新(せお はじめ)展が開催されています。

漆って、黒か朱だと思っていました。

パンフにも、瀬尾さんが手がける様々な色の漆が
デザインとしてあしらわれています。


堀から漆塗りまでの工程を
すべて一人でされるそうです。


彫りで素地をつくる刳物(くりもの)。
木の塊から刳って(えぐって)造形し、この奔放な曲線と量感を生み出します。



本日明日の土日は、夜7時閉館ですから
夕方からの鑑賞もゆっくり楽しめます。
19日(月)は夕方4時まで。

会場 内山邸 ← クリックをどうぞ
   富山市宮尾903  
   電話 076−432−4567

   ↓↓ いいお仕事されてます ↓↓
主催は、マイルストーンアートワークス
   電話 076−493−9777
   
   



紅葉の美しい季節です。よろしかったらお出掛け下さい。

夢見がち?

2007年11月23日
私は触感まであるリアルな夢を見るのですが
今朝は目覚める直前に、油粘土を食べました。
もちろん夢の中ですが
匂いも味も、まだ口から鼻腔にかけてよみがえります。

虐待されている双子の少女とお兄ちゃんを
どうやって保護するかが今朝の夢でして
子供と遊ぶための油粘土。
お団子を作って食べました・・・。

私はかなり夢を楽しんでいるといえそうです。

空を飛んだり、地獄見学に行ったり
他惑星の荒涼とした地に仮設された研究施設に見学に行ったり。

ちゃんと手続きをしてそこへ転送してもらい
記憶を消す装置も使用してそうした世界から戻ってくることもあります。
未来を見てきた日もありました。
夢だとわかって結構無謀な行動していることもよくあります。
なかなか楽しめそうでしょう。

でも今朝の油粘土はまずかった・・・。

最近ちょっと遠出する機会が多くて
不規則な生活もあってか
少し疲れたのかもしれません。

日中も眠くて眠くて・・・・。
低温で体温が下がり冬眠準備に入ったのかもしれませんね。


本日、月周回衛星「かぐや」搭載電波測定機設計の岡田教授講演会

2007年11月25日
お知らせです。

本日午後2時から
富山県立大学大学院 岡田敏美教授の講演会が行われます。

岡田先生は、月周回衛星「かぐや」に搭載された電波測定機の設計に加わった教授でいらっしゃいます。

世界に誇るプロジェクトへの思いなども
お話しいただけそうです。


どなたでも無料で参加できますので
お気軽にお出掛け下さい。

===========================================

日時 平成19年11月25日〈日)
場所 福野中学校 第二体育館
日程 13:30〜14:00 記念式典
   14:00〜15:30 記念講演

富山県立大学大学院 岡田敏美教授
「電波で探る地球の不思議」

===========================================

福野中学創立60周年記念行事として開催されます。

難しい最先端の科学技術のことを
中学生を対象にわかり易くお話いただけそうです。

卒業生の方はもちろん
どなたでもご参加いただけます。

駐車場が少なく混雑が予測されます。
また体育館の中は大変冷えます。
暖かくしてお出掛け下さい。
内履きをご持参されることをお奨めします。




バーチカルタイプが充実

2007年11月26日
新しい手帳、来年用のです。

来年用はバーチカルタイプが充実していました。


縦軸に時間、横軸に曜日。見開きで1週間。

時間が視覚化されるので
忙しさと空き具合が一目でわかります。

私の場合、土日のスペースを小さくしてない、
月曜始まり、
これが選択ポイント。


さて今回のコラムは時間がテーマです。

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆


    クリックしてね → シアワセ365

      ↓↓↓ 内容は・・・ ↓↓↓

1 とにかく忙しいか、
  疲れ果ててぐったりしているかのどちらかだ

2 大切な用件や難しい用件を
  つい後回しにしてしまいがちだ

3 いつも誰かに振り回されるので予定など立たない

4 丁寧に仕事がしたいのになぜかせかされる
  あるいは丁寧にしても評価されない

5 いつまでたっても
  夢(理想)が夢(理想)のままになっている

これらの原因と解決策の一例を探ります。

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

バーチカルタイプの手帳、
今年は一気にバリエーションが増えました。嬉しいなあ。
10年前にはこれが無くてアウトルックで作ったものを
コピーして携帯していたくらい。

毎年日付入りの手帳やノートは、
携帯する手帳以外にも何冊か求めます。

見開きで一ヶ月のタイプはカレンダーの感覚も
全体のスケジュールを掴むためにやはり便利ですし。



このバーチカルはボスの予定欄があります。

今揺れませんでした?

2007年11月26日
ウチだけかしら。
もし地震だとしたら
震源地は大隅半島東方沖のでしょうか。

そんなはずはなさそうですし・・・。
揺れた方、いらっしゃいます?

ウチだけかなあ・・・。

地震情報は  →こちら

揺れたのは午後2時少し前です。

博士の少年時代

2007年11月26日
昨日、富山県立大学大学院 
岡田敏美教授のご講演を聴いてまいりました。
感動的で本当にわかりやすいお話をいただきました。


   ↑↑↑ 画像と音声をたっぷり使ってお話いただきました。

岡田先生は、月周回衛星「かぐや」に搭載された
電波測定機の設計をされた方で、
講演のタイトルは「電波で探る地球の不思議」でした。
      ↓↓↓ 本日の北日本新聞から

岡田先生が電波に興味を持ったそもそものきっかけは
なんと鉄人28号なんだそうです。

鉄腕アトムと違って、
鉄人28号は電波で操るロボットなので
「もしかしたらあれならできるかもしれない」
と少年の頃、お考えになったそうです。

当時、鉄人28号の読者で
「こんなロボットが現れるかもしれない」
と本気で未来に期待を寄せた少年は
まだまだ沢山いるかもしれません。

でも、本当にその未来を担う
世界最先端技術の博士が生まれる確立は・・・・
それこそ天文学的な数字になるでしょう。

「サイエンスとは、深く考えるという意味のギリシャ語が語源」
とのお言葉に、
興味の種を見つけて深く深く考え続けた岡田少年・・・・。
そんな姿を垣間見たような思いがしました。


もしかしたら今もこの南砺市に
「深く深く考えている」少年少女が育っているかもしれません。

でもその環境を整えるのは、私達大人の責任、ですね。

         ↓↓↓ 今朝の富山新聞から

この講演会は福野中学60周年記念事業として行われました。
夫は同窓会会長を務めております事からご挨拶を申し上げました。

又揺れませんでしたか?

2007年11月27日
現在16:35ぐらいでしょうか。
また揺れたような・・・・。

地震情報は  →こちら

料理長の取り寄せ帖 を拝見

2007年11月28日
「料理長の取り寄せ帖」と題したページに

氷見のへなちょこ店長の、
あの無添加の干物が取り上げられているんです。

50代の知的好奇心旺盛な女性がターゲットと思われる
クロワッサンって雑誌、ご存知と思いますが、

あれのプレミアム版が創刊されているんです。
ただ今、第2号発売中。

だから小娘や坊やが、うっかり手を出してはいけない、
一つ上行く大人の雑誌。

自称「へなちょこ」の店長は、
50代にはまだまだ遠い年齢の女性。
能ある鷹は爪を隠してたのね。

詳しいエピソードはへなちょこ店長のブログでどうぞ。
    ↓↓↓ ブログから抜粋 ↓↓↓

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

「マガジンハウス編集部 クロワッサンの○○と申します」
というお電話を頂戴したのが先月。

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

取り上げられていたのは
「氷見のこだわり干物セット」3000円からの詰め合わせ。


ネットで取り寄せもできるようです。

柿太水産 無添加ショップ ← クリックをどうぞ

風邪をひいて具合の悪い夫は・・・

2007年11月29日
滅多に体調を崩さない
風邪をひいて、ここんとこ調子が悪い。

いつもなら私よりはるかに短時間睡眠なのに
珍しく時間があれば眠っていた。

今日もまだ具合が悪くて
早々に仕事を切り上げたかと思うと








冷凍庫をゴソゴソしてから料理を始めた。


( ・□・ ) エッー

ムール貝のワイン蒸とパエリア。


病人の気分転換としてこんなのありなのだろうか・・・・・・。

作って食べてまた寝てしまった・・・・。


本人は最高の気分転換と言っているが
私にはありえない行動




でも

ラッキー!!  (^-^)V イエー

遠い記憶の味

2007年11月29日
幻の味ってありませんか。

たとえば子供の頃食べたあの味が忘れられない、
旅行先でいただいたあの味
今は亡き人のあの料理・・・・。

私、再会したんです。
子供の頃の大好物の「味」に。

二度と出会えないと思っていました。


かがやきちゃんが「梅酒を求めて」で
こんな事を書いていらっしゃいました。

*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~

今後もお付き合いしたい人には
連絡先など聞きますよね。
だから私は製造元や発売元、購入方法など
ひかえてずっと味わえるようにしよう思いました。

*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~

本当にそうだなあ、なんて思っていた矢先、
製造元も購入方法も何もわからない
私にとっての幻の味だったそれに再会しました。

ココナツチョコウエファース。

記憶の中のお菓子そのものではありません。
本物は玉虫色の缶に入ったいただき物でした。

胃腸が弱くて入院するような子供でしたので
親の目を盗んで、一枚、もう一枚と
そのお菓子をいただきました。

「だからミスドのココナッツチョコが好きなんだ」
と息子も納得。

私が子供の頃、ココナッツが味わえるのは
そのお菓子だけだったんです。

子供の頃の記憶と共に
シアワセなひと時にしばし浸りました。

羽田で息子が見かけたもの

2007年11月30日
昨日、学校行事で東京に行っていた息子が帰ってきました。

「羽田でパロ見た」
「へー 何かデモンストレーションでもやってた?」
「置いてあっただけ」
「どんなふうに?」
「ケースに入れて触れるようになってた」

そこへ昨日の夕方のニュース
「世界最大の国際ロボット展が、28日から東京で開かれています。」

なーるほど。このせいかもしれない。
詳しい情報はこちら → KNB

作者 : chikako(山辺千賀子)

主たる業務は主婦業。        ときおり人材育成コンサルタントや産業カウンセラーとして活動。これまでに番組やCMのつくり手だったことも出演する側にいたことも。。。      富山市生まれの南砺市民。

2010 年
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2009 年
9
11
2008 年
2007 年
2
3
2006 年
1
2
3
4

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。